大人の遊び、33の富山旅
旅を探す
富山県を代表する花と言えばチューリップ、4月中旬になると砺波平野に広がる散居村のあちこちにチューリップ畑が現れ、
他にはないのどかで美しい風景を愉しむことができる。
4月下旬から5月上旬にかけて「となみチューリップフェア」や「にゅうぜんフラワーロード」などのイベントが開催され、多くの観光客で賑わうのも
富山県らしい風物詩。そんなチューリップ色満載の富山県を愉しむ新たなプログラムが、チューリップのウンチクを語り合いながらの名所巡り。
たとえば美しい花の球根1つが平均年収の4倍で取引された「チューリップ狂時代」の実話エピソード、提督や大元帥など仰々しさ満点の名が付けられた高級品種、trueloveなど色それぞれに付けられた花言葉。チューリップに関する話題は数多く存在する。一方、意外と知られていないのが、富山県は桜を愉しむベストロケーションであること。
遊覧船に乗って優雅に花見を愉しむ松川べりは有名だが、1800本もの桜の木が植えられている高岡古城公園や世界一美しいと言われるスタバと立山連峰を背景にした
富岩運河環水公園の桜並木も一生に一度は見ておきたい花見スポット。もちろん桜の花見もウンチク三昧で過ごすことをオススメしたい。
今回、そんなチューリップと桜のウンチクがギッシリ詰まったガイドブックを県内各所で配布。その名も「人に語りたくなる花のウンチク&富山花旅MAP」。
いち早く手にとって、知的な花旅を体感しよう。
「人に語りたくなる花のウンチク&富山花旅MAP」で めぐる桜&チューリップ

「赤いチューリップの花言葉はtrue love、愛の告白。
白いチューリップの花言葉は?」

ウンチクを語りながら愉しむ知的な花旅が面白い。県内各所で配布中の「人に語りたくなる花のウンチク&富山花旅MAP」を入手して、富山県内の桜&チューリップの名所をはしごしよう。

2017/3/1~2017/5/31
「人に語りたくなる花のウンチク& 富山花旅MAP」を掲載施設ほか、県内観光施設等で配布中。

桜・スポット
  • ①松川べり

    富山市磯部町~東田地方
    ●約470本のソメイヨシノ
    ●4月上旬~4月中旬
    富山県内随一の桜の名所として全国的にも知られている松川べり。約3kmにわたって続く桜並木と、その桜のトンネルを行き交う遊覧船が美しい風景を描く。

  • ②富岩運河環水公園

    富山市湊入船町
    ●ソメイヨシノ、コシノヒガンザクラ、
     エドヒガンザクラなど
    ●4月上旬~4月中旬
    展望塔からは公園の桜と立山連峰の素晴らしい眺めを一望することができるほか、富岩水上ラインからは
    水上のお花見も満喫できるなど、様々な桜を多彩に楽しめる。

  • ③豪農の館 内山邸

    富山市宮尾903
    ●シダレザクラ、ヤマザクラ、
     ソメイヨシノなど
    ●4月上旬~4月中旬
    庭園内には異なる種の桜が植えられ、豪農邸宅と桜の大木が歴史の重さを感じさせる。なかでも枝垂れ桜の美しい様は圧巻のひとこと。

  • ④常願寺川公園

    立山町利田
    ●約500本のソメイヨシノ
    ●4月上旬~4月中旬
    雄大な立山連峰が桜越しに望める富山らしい
    桜の名所。

  • ⑤剱折戸菊桜

    上市町折戸
    ●単木/ツルギオリトキクザクラ
    ●4月下旬~5月上旬
    平成20年に新品種として発表された、奥深い山里に自生する一本の桜。菊咲き性の桜で、花弁が200枚以上におよぶ。※個人所有地内のため見学マナーに注意。

  • ⑥杉沢の沢スギ

    入善町吉原950
    ●単木/入善乙女キクザクラ
    ●4月上旬~4月下旬
    天然記念物の森に育まれた入善乙女キクザクラ。一つの花に100枚以上の花びらを付ける自生の菊咲き品種が国内で確認された2例目。

  • ⑦高岡古城公園

    高岡市古城1・1
    ●コシノヒガン、ソメイヨシノなど
     18種類、約1800本
    ●4月上旬~4月中旬
    面積の約3割を水濠が占める公園を覆うように咲き乱れるコシノヒガンとソメイヨシノ。水面に映る姿も美しく、また、遊覧船から眺めるお濠の桜も風情満点。

  • ⑧倶利伽羅県定公園

    小矢部市埴生
    ●6000本のヤエザクラ
    ●4月中旬~5月上旬
    木曾義仲が奇襲作戦「火牛の計」を用いて平家の大軍を撃ち破ったことで有名な倶利伽羅古戦場が、
    6000本の八重桜で染まる。

チューリップ・スポット
  • ⑨チューリップ四季彩館

    砺波市中村100・1
    ●通年
    砺波チューリップ公園に隣接するチューリップの情報発信の拠点。1年を通じて本物のチューリップと触れ合うことができる。2017となみチューリップフェアは4月21日〜5月5日開催。

  • ⑩にゅうぜんフラワーロード

    入善町内(中央公園南側)
    ●4月上旬~4月下旬
    東京ドーム約1.4個分の面積(およそ6.4ha)に、300万本のチューリップ他、球根の美しい花々が咲き誇る。北アルプスの絶景とセットで堪能できるのも魅力。

  • ⑪舟川べり

    朝日町舟川
    ●4月上旬~4月下旬
    舟川の桜並木とその周辺では、残雪の朝日・白馬岳を背景にして、桜・チューリップ・菜の花が咲き乱れ、「春の四重奏」と称されている。

  • ⑫氷見あいやまガーデン

    氷見市稲積字大谷内112・1
    ●4月下旬~5月上旬
    小高い丘の森の中、富山湾を見下ろす眺望を湛える
    西洋風ガーデン。園内には30種類4万本のチューリップが咲き、あいやまチューリップ祭りも開催される。



アクセス・インフォメーション

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.