大人の遊び、33の富山旅
旅を探す
「高岡御車山祭の御車山行事」「魚津のタテモン行事」「城端神明宮祭の曳山行事」、富山が誇る3つの曳山祭が、ユネスコ無形文化遺産に登録された。曳山の愉しみ方は祭り当日だけに留まらず、伝統工芸の技が凝縮された絢爛豪華な本物の山車を間近で見たり、江戸時代から脈々と受け継いできた庶民文化に触れたりと、幅広い。さらに面白さを実感したいのなら、富山県内にちりばめられた各地の曳山の文化を比べながら、その歴史や意匠の違いをつぶさに知ること。この旅の間、曳山マニアになったつもりで巡り歩けば、様々な感動に出会えること間違い無し。
たとえば、庵唄と囃子を奏で、絢爛豪華な装いが見事な「城端曳山」と「八尾曳山」。どちらの町も情緒的な風情を湛えるところが共通する。また「高岡御車山」と「新湊曳山」は、どちらも花傘山車。「魚津のたてもん」は、漁師町らしく船型の万燈をし、諏訪神社の祭礼で曳きまわされる。富山における曳山の歴史を紐解けば、安永の曳山騒動なる大事件が横たわる。1775年(安永4年)に高岡と新湊を舞台に騒動が起こり、「高岡と類似した車輪の曳山車は曳き出してはならぬ。」とのお触れが出たことにより、富山各地の曳山祭に多大な影響を与えた。
そんな歴史物語にも触れながらの曳山巡りはとことん面白い。ぜひ、「33富山旅」オリジナルの「曳山マニアックガイド」を入手して、スタンプラリーも愉しみながら旅して欲しい。抽選で当たるオリジナルグッズもお楽しみに。
伝統の技と文化が凝縮された曳山を訪ね歩こう。

高岡御車山祭の御車山(高岡)  魚津のたてもん(魚津)
城端神明宮祭の曳山(南砺)  八尾曳山祭の曳山(富山)  新湊曳山(射水)

ガイドブック「曳山マニアックガイド」を入手して、 スタンプラリーを愉しみながら、 曳山を訪ね歩こう。

2017/3/1~2017/5/31
スタンプカード、スタンプ、ガイドブックは下記に記載の 各展示施設にて設置。

曳山 スタンプラリー 2017.3.1(水)〜5.31(水)

①〜⑤の施設に設置されたスタンプを集めて応募すると、抽選で30名様に「大人の遊び、33の富山旅。」オリジナルグッズが当たる。

ノートセットまたはブックカバーが当たる!
応募締め切り/2017年5月31日まで(当日消印有効)

高岡御車山祭の御車山

  • 【展示施設】高岡御車山会館
    豊臣秀吉から前田利家が拝領した御所車をルーツとする華やかな山車。高岡が誇る伝統工芸の粋を集めた金工、漆工、染織などの装飾が凄い。

    【曳山祭】高岡關野神社の春季例大祭/毎年5月1日
    (国重要有形・無形民俗文化財/ユネスコ無形文化遺産)

  • ①高岡御車山会館

    TEL.0766-30-2497
    高岡市守山町47-1
    【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
    【休館日】火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
    【有料ゾーン観覧料】一般(高校生以上)300円

    • ●新高岡駅→(電車〈JR城端線〉3分、またはバス〈シャトル6〉8分)→高岡駅→(徒歩12分)→高岡御車山会館
      ※シャトル6は10分間隔で1時間に6本運行
      ※時間は目安

新湊曳山

  • 【展示施設】川の駅新湊
    昼は花傘が華麗な「花山」、夜は幻想的で美しい「提灯山」と昼夜で装いを変える。狭い街角を急曲がりするときの勇壮さは必見。
    【曳山祭】放生津八幡宮の秋季例大祭/毎年10月1日
    (県無形民俗文化財)

    川の駅新湊の「曳山展示室」は改修中のため、曳山展示を中止しています。
    開催中のスタンプラリーは、4個のスタンプで応募できます。

  • ②川の駅新湊

    TEL.0766-30-2552
    射水市立町1-26
    【開館時間】9:00〜21:00
    【休館日】第4水曜日(祝祭日の場合は翌日)

    • ●富山駅→(バス〈ぶりかにバス〉50分/川の駅新湊下車)→川の駅新湊
      ●新高岡駅→(バス〈加越能バス〉45分/立町下車)→(徒歩5分)→川の駅新湊
      ※時間は目安
  • >

城端神明宮祭の曳山

  • 【展示施設】城端曳山会館
    小京都に例えられる城端の町並みを練り歩くのは、「ぎゅう山」といわれる絢爛豪華な6基の曳山。庵屋台の中では庵唄や囃子が奏でられる。
    【曳山祭】城端神明宮の春季祭礼/毎年5月4日・5日
    (国重要無形民俗文化財/ユネスコ無形文化遺産)

  • ③城端曳山会館

    TEL.0763-62-2165
    南砺市城端579-3
    【開館時間】9:00~17:00
    【休館日】年末年始
    【入館料】一般510円、高校大学生300円、中学生以下無料

    • ●新高岡駅→(電車〈JR城端線〉55分)→城端駅→(徒歩12分/1km)→城端曳山会館
      ※時間と距離は目安

八尾曳山祭の曳山

  • 【展示施設】富山市八尾曳山展示館
    彫刻、彫金、漆工、彩色が美しい絢爛豪華な曳山。内部では古式ゆかしい曳山囃子が奏でられる。
    【曳山祭】八尾八幡社の春季祭礼/毎年5月3日
    (県有形・無形民俗文化財)

  • ④富山市八尾曳山展示館

    TEL.076-454-5138(越中八尾観光協会)
    富山市八尾町上新町2898-1
    【開館時間】9:00~17:00
    【休館日】12月29日~1月3日
    【入館料】大人500円、小人(高校生以下)300円

    • 富山駅→(電車〈JR高山本線〉24分)→越中八尾駅→(バス〈八尾コミュニティバス〉7分/曳山展示館前下車)→富山市八尾曳山展示館
      ※時間は目安

魚津のたてもん

  • 【展示施設】ありそドーム
    80人程の人の手により威勢よく曳きまわされる船型の万燈「魚津のたてもん」。大漁と海上の無事安全を祈る氏子の気持ちが込められている。※文化ホールにも展示あり
    【曳山祭】諏訪神社の夏季祭礼/毎年8月第1金・土曜日
    (国重要無形民俗文化財/県有形民俗文化財/ユネスコ無形文化遺産)

  • ⑤ありそドーム

    TEL.0765-23-9800
    魚津市北鬼江2898-3
    【開館時間】8:30~21:30
    【休館日】火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

    • 富山駅→(電車〈あいの風とやま鉄道〉24分)→魚津駅→(徒歩 10分/1km)→ありそドーム
      ※時間と距離は目安

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.