大人の遊び、33の富山旅
旅を探す
新潟との県境に位置する護國寺は、809年に弘法大師によって創建されたといわれる真言宗の寺院。富山屈指の花の名所としても知られ、先代の住職が長い年月をかけて創りあげた庭園を、四季折々の花々が色鮮やかに染める。なかでも4月中旬~5月上旬は、高嶺の花の語源にもなった「シャクナゲ」が見頃となり、私たちを視覚と香りの両面で楽しませてくれる。300株の高貴な花が咲き乱れる様子は圧巻。庭園は山間の起伏を生かした回遊式で、「ゆっくり休んでほしい」とテーブルやベンチも設置する計らいも粋だ。本堂前に設置された特別プログラムの庭園散策マップを入手し、特別拝観も楽しもう。散策の後は、朝日町名物のたら汁に舌鼓を。

護國寺を楽しむふたつのプラン

33富山旅特別プログラム

庭園散策マップ

本堂前に設置された特別ガイドマップを手に、キレイに手入れされた庭園を散策しよう。

※先着300名。なくなり次第終了。


極彩色の七観音像と伎芸天 特別拝観

普段は非公開の極彩色の七観音像と伎芸天(奈良仏師、太田古朴・正美親子共作)を特別に公開する。(解説書付き)

■公開日/2017年5月9日、16日、23日、30日(連休後の火曜日)
■時間/13時〜16時 ■拝観料/300円

  • お土産買うなら 「林酒造場」

    北アルプスの雪解け水で造られた銘酒「黒部峡」で知られる富山最古の酒蔵。全国新酒鑑評会で2年連続金賞を獲得するなど実績も抜群!

    TEL.0765-82-0384
    下新川郡朝日町境1608
    【営業時間】8:00〜17:00
    【定休日】土・日・祝日

  • 食事をするなら 「たら汁」

    ブツ切りのタラが豪快に入った味噌仕立ての郷土料理。目指すは多くの食堂が軒を連ねる「たら汁街道」。骨の髄まで味わおう。

アクセス

    • ●富山駅→(電車 〈あいの風とやま鉄道〉45分)→泊駅→(バス〈あさひまちバス宮崎境線、または市振線〉20分/境・護国寺下車)→(徒歩1分/60m)→護國寺
    • ●朝日I.C→(車 10分/8km)→護國寺
      ※あさひまちバスは平日のみ運行。 ※時間と距離は目安



インフォメーション

仁王山 護國寺
にんのうざん ごこくじ

TEL.0765-83-3157
下新川郡朝日町境1558
※駐車場は1台300円

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.