大人の遊び、33の富山旅
旅を探す
源平合戦の時代、木曾義仲軍が牛の角に松明をくくりつけて敵に放つ奇襲作戦「火牛の計」を用い平家軍を打ち破った「倶利伽羅峠の戦い」。この史実にちなみ、毎年7月下旬に小矢部市商工会館周辺で開催される「メルヘンおやべ源平火牛まつり」の「火牛の計レース」は大勢の参加者や観光客でにぎわう。4月28日から5月5日にかけて開催される「倶利迦羅さん八重桜まつり」も人気が高く、この時期には倶利伽羅古戦場一帯に約6000本の八重桜が咲き誇る。「源平さくら塩」はこの八重の桜の色と香りを活かした特産品。「33富山旅特別プログラム」として美味しいごはんと雑貨のお店「ペコット!」に本誌を持参すると、源平さくら塩関連商品を購入した人に「さくら塩アイス」をプレゼント。

歴史ある古戦場で桜を愛でる

歴史散策

  • ①埴生護国八幡宮

    木曾義仲が戦勝を祈願した社。約1300年の歴史を持ち、国の重要文化財に指定されている。義仲の騎馬像、鳩清水がある。

  • ②火牛の像

    まさにお花見スポット。2頭の松明をつけた牛の像があり、今にも突進しようとする姿に源平合戦の情景が目に浮かぶ。

  • ③源平供養塔

    高さ6.8mの五輪塔。合戦で犠牲となった源平両軍の兵士の霊を弔うためのもので、毎年5月12日には追悼法要が行われる。

  • 倶利迦羅さん
    八重桜まつり

    4月28日~5月5日
    場所/倶利伽羅峠

  • 源平さくら塩

    倶利伽羅峠の八重桜の花びらを富山湾の海洋深層水から作った塩で漬け、乾燥後、粉末にした「源平さくら塩」。花弁の採取から選別、加工を手作業で仕上げる。淡いピンク色や桜の香りが特徴で、天ぷらや焼き魚などさまざまな料理に使える。

    【購入可能店舗】
    ●ペコット!
    ●道の駅メルヘンおやべ
    ●the Made In
     (三井アウトレットパーク北陸小矢部1階)

33富山旅特別プログラム

「さくら塩アイス」サービス

ガイドブックを持参し、ペコット!にて源平さくら塩関連商品を500円以上購入された方
※2017年5月末日まで

アクセス

    • ●新高岡駅→(電車〈JR城端線〉3分、または(バス〈シャトル6〉8分)→高岡駅→(電車〈あいの風とやま鉄道〉14分)→石動駅→(徒歩20分)→埴生護国八幡宮
    • ●新高岡駅→(電車〈JR城端線〉3分、または(バス〈シャトル6〉8分)→高岡駅→(電車〈あいの風とやま鉄道〉14分)→石動駅→(徒歩15分)→猿ヶ馬場(火牛の像)
    • ●新高岡駅→(車30分)→埴生護国八幡宮
    • ●新高岡駅→(車 45分)→猿ヶ馬場(火牛の像)

      ※シャトル6は10分間隔で1時間に6本運行。※時間は目安



インフォメーション

美味しいごはんと雑貨のお店 ペコット!

TEL.0766-67-5150
小矢部市石動町1-35
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】木・日曜日

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.