大人の遊び、33の富山旅
旅を探す
1611年、高岡城主だった前田利長が7人の鋳物師をこの地に呼び寄せ開いた金屋町。以来、この町は高岡鋳物発祥の地として栄え、今も石畳の道沿いに千本格子の家並みが独特の風情を湛えながら、高岡クラフトを扱う店が点在する。他と明らかに違うのは、店の質感。香炉や鉄瓶を専門に扱っていたり、作り手の直営だったり。トラディショナルな香りを保ちながら、美意識の高さが存分に伝わる店ばかり。情緒的な金屋町のショップを巡る愉しさはもちろん格別。嬉しいのは鋳物づくり体験にもチャレンジできること。鋳物職人の町に相応しい佇まいをした格別な空間に身をおいて、クラフト体験が愉しめるお店が3軒。お気に入りを選んで、鋳物とじっくり向き合う時間を過ごそう。

3つのショップでクラフト体験

※いずれも事前予約が確実

  • ①大寺幸八郎商店

    江戸時代より6代に渡り受け継がれてきた建物の中で、高岡銅器、地元作家作品、店主厳選のアンティーク食器などを販売。

    電話/0766(25)1911
    高岡市金屋町6・9
    営業時間/9時〜17時
    定休日/木曜日

    アクセサリーづくり体験

    錫でペンダントやブレスレット、ストラップを作る。
    ※8名以上の場合は、体験用の工房へご案内

    所要時間/20分程度
    料金/2,000円

  • ②鋳物工房 利三郎

    明治初期より初代利三郎が双型鋳物を始めて以来、伝統的技法を守り続ける。高岡銅器を中心とした花入れ、茶道具の風炉、蓋置、香立、香炉などが並ぶ。

    電話/0766(24)0852
    高岡市金屋町8・11
    営業時間/10時〜18時
    定休日/第4日曜日

    鋳物体験

    錫を原材料に、風鈴、ペーパーウェイト、箸置き、ぐい呑みなどを選んで作る。

    所要時間/約60分
    料金/3,000円〜

  • ③金屋町金属工芸工房 かんか

    若手の工芸作家が中心になって運営する、ギャラリーとショップを兼ねた工房。

    電話/0766(25)8550
    高岡市金屋町5・15
    営業時間/10時〜17時
    定休日/月・火・水・木曜日
    (不定休あり)

    クラフト体験

    金属板を使ったキーホルダーや、錫を使ったコースターを作る。

    所要時間/20分〜
    料金/500円〜

  • 金屋町メインストリート

    500mにわたって続く石畳の道沿いに、千本格子(さまのこ)の家が並ぶ。工芸品やクラフトを扱うショップも点在する。

アクセス

    • ●新高岡駅→〈JR城端線〉3分、または〈シャトル6〉8分)→高岡駅→(徒歩 20分)→金屋町
    • ●新高岡駅→〈JR城端線〉3分、または〈シャトル6〉8分)→高岡駅→〈コミュニティバス「こみち」オレンジルート〉17分/「横田町」下車)→(徒歩1分)→金屋町
      ※シャトル6は10分間隔で1時間に6本運行。 ※時間は目安



インフォメーション

  • 大寺幸八郎商店
    おおてらこうはちろうしょうてん

    詳細は上記参照

  • 鋳物工房 利三郎
    いものこうぼう りざぶろう

    詳細は上記参照

  • 金屋町金属工芸工房 かんか
    かなやまちきんぞくこうげいこうぼう かんか

    詳細は上記参照

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.