大人の遊び、33の富山旅
旅を探す

巨大な雪壁が連なる「雪の大谷」や日本一の落差を誇る「称名滝」といった、絶景が数多く見られる立山黒部アルペンルート。その一方で、もうひとつの立山の顔が、火山体の侵食によってできた「立山カルデラ」だ。
富山地方鉄道立山駅近くの「立山カルデラ砂防博物館」では、そんな立山の大地の成り立ちや砂防の取組みを3Dハイビジョン映像や動く模型などを使って展示。今回、有料ゾーンに入場された方に「雪の壁のしおり」をプレゼント。立山を紹介する無料ゾーンも充実しているので、ケーブルカーのちょっとした待ち時間にもオススメだ。さらに興味を持った人は、夏季に実施される「体験学習会」に応募してみよう。 ※公式HPで受付情報をチェック!

自然の偉大さを体感しよう

春の立山黒部アルペンルート・おすすめはココ!

  • 第24回 雪の大谷ウォーク

    世界有数の豪雪地帯「立山室堂平」に積もった雪を除雪してできる雪の壁。毎年、多くの観光客が訪れる人気スポットだ。

    【期間】2017年4月15日〜6月22日
    【開場時間】9:30〜15:15
    ※状況により変更あり

  • 称名滝

    落差350mは日本一。水煙を上げながら落ちゆく光景は迫力満点。

  • 【問合せ先】立山黒部貫光(株) 営業推進部
    TEL.076-431-3331(平日8:30〜17:30)

駅で待ち時間が発生したらコチラへ

富山県 立山カルデラ砂防博物館

様々な装置を駆使しながら、立山カルデラと砂防のふたつのテーマで立山の自然史を紹介する博物館。7~10月の期間は、実際に立山カルデラが見学できる学習会も行っている。
※詳細は下記インフォメーション

33富山旅特別プログラム

立山駅周辺マップ付き『雪の壁のしおり 2017』プレゼント

大人の知的好奇心をくすぐる情報が満載の『雪の壁のしおり』を期間中、博物館の有料ゾーンに入場された方にプレゼント。
■配布場所/1F受付(観覧券とともに配布)
■配布期間/4月15日〜 ※なくなり次第終了

アクセス

    • ●富山駅→(徒歩3分)→電鉄富山駅→(電車〈富山地方鉄道本線〉60分)→立山駅→(徒歩2分)→立山カルデラ砂防博物館
    • ●立山I.C→(車 30分/23km)→立山駅→(徒歩2分)→立山カルデラ砂防博物館
    • ●流杉スマートI.C→(車 35分/25km)→立山駅→(徒歩2分)→立山カルデラ砂防博物館
      ※時間と距離は目安



インフォメーション

富山県 立山カルデラ砂防博物館
とやまけん たてやまかるでらさぼうはくぶつかん

TEL.076-481-1160
中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土・日曜日の場合は開館)、年末年始
【観覧料】一般400円
http://www.tatecal.or.jp/tatecal/index.html

Copyright©33TOYAMATABI all rights reserved.