マイベストな一椀を見つけよう

朝日町名物「たら汁」を堪能する旅

玉砂利の浜辺が美しい朝日町の宮崎・境海岸は、ヒスイの原石が打ち上げられることから、古くから 「ヒスイ海岸」と呼ばれて親しまれてきた。この海辺のまちで、ヒスイと並ぶ名物となっているのが「たら汁」だ。たら汁は新鮮なスケトウダラをぶつ切りにし、キモや白子まで余すことなく鍋に入れ味噌で煮込んだ野趣あふれる料理だ。薬味としてゴボウやネギを加える程度で、味の決め手はタラからしみ出すダシと味噌だ。漁に出た夫を待ちながら漁師の女房たちが浜辺で作った朝食がはじまりとされ、素朴ながらもコクのある美味しさが口コミで評判となり、今では土地の名物料理となっている。基本的に素材も作り方もごくシンプルなたら汁だが、その味わいは各店で少しずつ異なり、地元の人もそれぞれ贔屓のお店があるとか。キャンペーン期間中は、町内の「関の館」がコンシェルジュとなってたら汁の情報発信を行うので、自分好みの味に出会いたいという人はぜひ事前に立ち寄ってみてほしい。

 【体験の流れ】
関の館でたら汁の情報を GET

たら汁を堪能


33富山旅特別プログラム

朝日町境地区の「関の館」がたら汁コンシェルジュに

期間中、各店自慢のたら汁の特徴を紹介するパネルを展示。たら汁やお店選びに関する質問・疑問があれば、
地元通のスタッフに気軽に聞いてみよう。
関の館 TEL.0765-82-0082/ 下新川郡朝日町境1561
【開館時間】9:00~16:00 【休館日】土・日・祝日
※実施機関:2017年9月1日〜2018年5月末日







朝日町名物・ たら汁を味わうなら 「たら汁街道」へ

ヒスイ海岸に並行して走る国道8号線沿いは、たら汁の看板やのぼりが立ち並ぶ「たら汁街道」として知られており、県内外からたくさんの人々が訪れる。
マイベストたら汁を見つけるためには、事前の情報収集が大切!



①料理旅館 有磯
あいの風とやま鉄道 越中宮崎駅 から徒歩1分、宮崎海岸に面した 好ロケーション。
下新川郡朝日町宮崎駅前
TEL.0765-82-0768
●営業時間/11:00~23:00
●定休日/12/30~1/2



②ドライブインきんかい
料理旅館に併設された食堂。 「赤 湯」の温泉も楽しめる。
下新川郡朝日町境25-1
TEL.0765-83-1870
●営業時間/9:00~23:00
●定休日/不定休



③栄食堂
座敷とテーブル席があり、漁村の 食堂らしい雰囲気が漂う。
下新川郡朝日町境647-1
TEL.0765-83-3355
●営業時間/7:30~20:00
●定休日/第4月曜日 (祝日の場合は変動あり)



④ドライブイン金森
懐かしさ漂うドライブイン。テーブ ル席のほか広い座敷がある。
下新川郡朝日町境746-1
TEL.0765-83-1525
●営業時間/9:00~20:30(LO)
●定休日/第1・3月曜日(祝日の場合は変動あり)










お問い合わせ
朝日町役場 TEL.0765-83-1100/下新川郡朝日町道下1133
※詳しくは、こちらからご確認ください。

アクセス
●富山駅→(電車〈あいの風とやま鉄道〉45分)→泊駅→(バス〈あさひまちバス /宮崎境線・市振線〉20分)→境・護 国寺→(徒歩2分/160m)→関の館
●黒部宇奈月温泉駅→(電車〈富山 地方鉄道〉50分)→滑川駅→(電車〈あ いの風とやま鉄道〉30分)→泊駅→ (バス〈あさひまちバス/宮崎境線・市 振線〉20分)→
境・護国寺→(徒歩2 分/160m)→関の館
※あさひまちバスは平日のみ運行。 ※時間と距離は目安。








33toyamatabi menu


大人の知的好奇心を満たしながら、感情を強く刺激するプログラムを集めました。テーマは「Beautiful Life 絶景スペシャル」

index富山県中央部の旅環水公園神通川

リバイバルプログラム。これまでのプログラムで好評だった体験プログラムを復活しました。[HP限定掲載]


これまでの取材・写真を活用して、知的好奇心を満たす大人の遊び的スポットガイドも随時アップしていきます。

富山市ガラス美術館瑞龍寺五箇山黒部峡谷鉄道ヒスイ海岸インスタフォトコン発表

フェイスブック インスタグラム ピンタレスト


ß∑