富山湾の生き物×アート

魚津水族館で愉しむ彩の世界

魚津といえば、多様な水生生物が生息する地としても名高い。これは、標高2400m以上の山岳地帯から海抜0mまでがコンパクトに収まる急峻な地形を清らかな水が巡る循環がもたらす恵みである。青白く発光する幻想的なホタルイカを見ることができる海は、「ホタルイカ群遊水面」として国の天然記念物に指定されている。 創設は大正2年。魚津水族館は、現存する日本の水族館としては最も歴史が長い。展示されるのは、富山湾の魚を中心とした約330種1万点の生き物たち。富山が誇る高低差4000mの環境に合わせた展示を見所に、生き物愛にあふれた飼育員手作りのポップなど、創意工夫を凝らした仕掛けで来館客を楽しませている。 このプログラムでは魚津水族館サポーターのシヲリさんがデザインした魚のぬり絵を無料で配布。2日間限定で、シヲリさんを招いたぬり絵のワークショップも開催する。そのほかにも、水族館のセンターを決める人気モノ投票など、エンターテイメント性に優れたイベントが盛りだくさん。海の不思議とアートが一度に楽しめる、そんな一日をぜひご堪能いただきたい。

 【体験の流れ】
富山の水生生物を知る

33富山旅特製塗り絵 and 水族館の人気者投票を楽しむ

水槽自体がアート! 魚津水族館の見所をチェックしよう。



1.魅力的な生き物がたくさん!

富山湾の魚からジャングル、サンゴ礁の生き物まで、魅力的な生き物が集まる不思議な空間。富山の河川や湧水地帯、田んぼ、海岸、深海を再現したコーナーのほか、日本初の水中トンネルや富山湾の王者ブリを展示する大水槽など見所が満載。バックヤードに潜入して、大水槽やおさかなショーの裏側を見ることもできる。


富山の河川コーナー





バックヤードの見学









飼育員さんの手書きPOP


サンゴ礁コーナー



季節ごとに企画展が充実

魚の学習能力を生かしたショーや、大型の魚やアザラシなどの食事タイムといったレギュラーイベントの他期間限定のスペシャルイベントも随時開催している。

【企画展スケジュール(予定)】
◆ホタルイカの生体展示
 3月16日(金)~5月20日(日)
毎朝、元気なホタルイカを搬入。透明なボディから全身に備えた発光器のツブツブまではっきりと観察できる。

◆ホタルイカといっしょに写真を撮ろう
 3月17日(土)~5月20日(日)
富山の春の風物詩ホタルイカと一緒に写真が撮れる水槽を設置。運が良ければ、腕先の発光器が光っているときに写真が撮れるかも。

◆親子展-トンボ編-
 3月17日(土)~5月31日(木)
富山で見られるヤゴ(トンボの幼虫)の展示から、どんなトンボに大変身するのか、ヤゴの飼い方、観察方法など意外と知らないヤゴの世界をご紹介。

◆ホタルイカ発光実験
 3月18日(日)~5月20日(日)
なぜ、ホタルイカは光るのか。どの部分が光るのかを、飼育員が解説を交えて目の前で実験する企画。暗闇の中に放たれる青白い光はじつに神秘的。

◆シロエビ展示
 4月26日(木)~5月6日(日)
透き通った美しい身体をしていることから、富山湾の宝石とも呼ばれるシロエビ。前後両面がガラス張りになった水槽の中で泳ぐ姿を見ることができる。



こちらもオススメ
米粉サブレ 「田んぼのいきもの図鑑」
地元の洋菓子店「ぱてぃしえ のっき」とコラボした魚津の米粉のサブレ。 田んぼの生き物を解説した図鑑付き。
●大缶12枚入り 1,200円
●小缶8枚入り 900円



33富山旅特別プログラム

イラストレーター シヲリさんデザインの
富山の魚 ぬり絵

魚津水族館の公式サポーターでもあるイラストレーターのシヲリさん。そんな彼女がプロデュースする塗り絵を配布。用意された色鉛筆を使って、美しい魚を完成させよう。
【実施期間】〜2018年5月31日(木)
【場所】水族館3F うおすいファミリウム 限定1,000枚 ※なくなり次第終了





シヲリさんによる
ぬり絵ワークショップ

シヲリさんを講師に招いたワークショップも開催。子供だけでなく、 大人も楽しめる。
【日時】2018年4月21日(土)、22日(日) 11:00〜16:00
【場所】 水族館3Fうおすいファミリウム ※参加無料

第1回水族館の人気モノ投票

魚津水族館の人気No.1を決める参加型イベント。飼育員が厳選した個性豊かな生き物がノミネート。館内に設置されたボードにシールを貼って投票する。

【実施期間】2018年4月28日(土)〜5月6日(日) 【場所】水族館2F ウミガメ水槽の前 投票結果の発表は、5月19日(土) HP・インスタグラム・館内にて。 投票お待ち しています!






お問い合わせ
魚津水族館
TEL 0765(24)4100/魚津市三ケ1390 【開館時間】9時〜17時(入館は16時30分まで)
【休館日】12月〜3月中旬の月曜日(月曜日が祝日のときは翌平日)、年末年始(12月29日〜1月1日)
【入館料】高校生以上750円、小・中学生410円、幼児(3歳以上)100円


アクセス
●北陸新幹線富山駅→(電車〈あいの風とやま鉄道〉25分)→魚津駅→(車15分/4㎞)→魚津水族館
●北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅→(徒歩1分)→新黒部駅→(電車(富山地方鉄道)21分)→西魚津駅→(徒歩13分/1.1㎞)→魚津水族館
●魚津I.C→(車13分/5㎞)→魚津水族館
※時間と距離は目安





33toyamatabi menu


大人の知的好奇心を満たしながら、感情を強く刺激するプログラムを集めました。テーマは「Beautiful Lifeアート&クラフトスペシャル」


大人の知的好奇心を満たしながら、感情を強く刺激するプログラムを集めました。テーマは「Beautiful Life 絶景スペシャル」

index富山県中央部の旅環水公園神通川

リバイバルプログラム。これまでのプログラムで好評だった体験プログラムを復活しました。[HP限定掲載]


これまでの取材・写真を活用して、知的好奇心を満たす大人の遊び的スポットガイドも随時アップしていきます。

富山市ガラス美術館瑞龍寺五箇山黒部峡谷鉄道ヒスイ海岸インスタフォトコン発表

フェイスブック インスタグラム ピンタレスト