独創的な建築デザインにも注目

海辺の植物園でお散歩カフェ

氷見市海浜植物園は、全国各地の海浜植物を植栽展示する植物園。世界的建築家の長谷川逸子氏による、無機質なコンクリートに有機的なカーブと明るいカラーを組み合わせた、女性的な建築デザインが印象的。その建物の前には白い砂浜と青々とした松原が美しい「松田江(まつだえ)の長浜」が広がるなど、風光明媚なスポットとしても知られている。おすすめの過ごし方は「お散歩カフェ」。まずは、館内4階のレストラン「ボルカノ」で「はまなすジュース」をテイクアウト。そこから2階に降りて外の階段へ。ここから見下ろすパノラマはまさに絶景で、鬱蒼と生い茂る緑の向こうには富山湾を一望することもできる。さらに一階に降りてベンチで休憩したり、海浜散策園で潮風を感じながら遊歩道を散策しても気持ちが良い。また、スマホ用の接写レンズを無料レンタルできるので、撮影も楽しもう。館内にはハイビスカスやパイナップルといった、普段なかなか目にすることのできない熱帯・亜熱帯の海浜植物も。地球の表面を優しく覆う植物に感謝の念を込めながら、じっくりと観察してあげて欲しい。

 【体験の流れ】
氷見市海浜植物園に 行く

お散歩カフェを楽しむ and スマホ用接写レンズで 撮影を楽しむ



氷見市海浜植物園の楽しむ2つの特別プログラム。




33富山旅特別プログラム1.
氷見市海浜植物園 お散歩カフェ
建物4階にあるレストラン「ボルカノ」で「はまなすジュース」をゲット。園内の好きな場所で自由にカフェをしよう。
●料金/450円 
●期間/2018年5月30日まで ●提供場所/レストランシーサイドハウスボルカノ




33富山旅特別プログラム2.
スマホ用 接写レンズの貸出し
植物がよりキレイに撮影できる、スマホ用接写レンズを貸し出し中。クリップ式で簡単に装着できるので、ぜひ使ってみて。
●貸出し場所/1F受付 
※台数に限りがあります。


被写体にレンズを
グッと近づけて撮るのがコツ!

花や植物のアップ撮影に重宝するマクロレンズ。細部までくっきりと、 肉眼では見えにくい表情や質感が楽しめる。


レストラン シーサイドハウスボルカノ
360度パノラマの展望レストラン。パスタやピッツァなどの洋食メニューの他、デザート系も充実。
TEL.0766-91-0770/海浜植物園4F
●営業時間/11:00~17:00
●定休日/火曜日



氷見市海浜植物園
海沿いに位置する自然豊かな植物園。松田江浜の海浜植物の保護育成を行いながら、日本各地の 海浜植物を中心に約400種類の植物を栽培している。



温室・グラスチューブ
日本では希少な南の国の植物や、つる性の植物など色鮮やかな植物がたくさん!



海浜散策園
遊歩道を散策しながら、松田江浜に自生する海浜植物を鑑賞することができる。



1Fのベンチ



2F階段からの眺め



お問い合わせ

氷見市海浜植物園 /氷見市柳田3583 TEL 0766-91-0100
【開園時間】9時〜17時(入園16時30分まで)※冬期(11/1〜2月末)は9時〜16時30分(入園16時まで)
【休園日】火曜日、祝日の翌日(土、日、祝日の場合は開園)、年末年始、夏休み(7〜8月)無休
【入園料】イベント期間中は有料


アクセス
●北陸新幹線新高岡駅→(電車〈JR城端線〉3分)→高岡駅→(電車〈JR氷見線〉23分)→島尾駅→(徒歩17分)→氷見市海浜植物園
●高岡北I.C→(車15分/9㎞)→氷見市海浜植物園
●氷見I.C→(車12分/6㎞)→氷見市海浜植物園







33toyamatabi menu


プログラムガイド、これからも随時アップしていきます。ご期待ください。

index魚津たてもん祭り雨晴海岸インスタグラムフォトコンテスト環水公園

これまでの取材・写真を活用して、知的好奇心を満たす大人の遊び的スポットガイドも随時アップしていきます。

富山市ガラス美術館瑞龍寺五箇山黒部峡谷鉄道ヒスイ海岸インスタフォトコン発表

フェイスブック インスタグラム ピンタレスト